8ブログ

職場実習に向けて(2018年11月)

2018年11月12日

就労移行支援事業所 えがお工房8たんと スタッフの 中谷内です。
今回は、訓練生の方が職場実習に向けた抱負を書いてくれましたのでそちらをご紹介します。

~以下、訓練生の方より~
こんにちは、えがお工房8たんとイカロスです。

私が企業見学に行く理由は、実際に採用された時に「こんなはずではなかった」となって働きにくくなるのを防ぐためです。「百聞は一見に如かず」という言葉があるように、一度は実際に自分の目で見てみるということが大事だという考えです。今まではパソコン関係の作業をするところが多かったのですが、その他にも、ピッキングや荷物の仕分けの作業をする企業にも見学に行ったことがあります。

今回は、以前勤めていた職場の関連会社の見学でした。以前勤めていた会社とは、雰囲気が全く異なっていたことに驚きました。以前勤めていた会社は今までで一番長く働けたところで、関連会社ということもあり、ここでも長く働けるかなという印象を受けました。

私は今まで複数の会社に転職していました。
最初はクローズで頑張ってみようと思い、データ入力作業の会社に入りました。しかし、キーボードの音がうるさい等、職場でトラブルが発生し、結局辞めてしまいました。「次は障がいをオープンにして働いてみよう」と思い行った職場が、今回見学に行った会社の関連会社でした。職種は事務で、データ入力だけでなく、正誤チェックや書類整理、灯油を入れる作業までありました。障がいに理解のある良い上司や同僚に恵まれ、本当はもっと長く続けたかったのですが、家庭トラブル等で辞めざるを得ませんでした。

その後も転職を繰り返し、次に行ったところの仕事内容はデータ入力・正誤チェック・書類スキャンと前職と似ていて、なおかつ良い上司には恵まれたのですが、仕事が無くなって午前中で終わるようになり、収入で折り合いがつかず転職。その次に行った職場は一般事務。上司と障がいについての認識(書面で伝えたはずなのに伝わってない)ですれ違い、また退職に追い込まれてしまいました。

その後も職業訓練や就労移行を転々とし、最近になってようやく8たんとに落ち着いてきました。落ち着いたとはいえ、就労移行の場で就労に繋げていくところなので、積極的に職場見学等の就職活動をしています。職場見学の時に、実習時に担当となる人について仕事を体験させていただき、自分のExcelの能力・知識(関数・マクロ)を活かせると思い、職場実習に入ることになりました。
~以上~

この方はまだ実習中ですが、無事に実習を終えられ、就職へと繋がること願っています。

また、実習を受け入れて下さっている企業様には心より御礼申し上げます。

スマイル・ルール

お気軽にお問い合わせください。

就労移行支援事業所えがお工房 8たんと
〒921-8163
石川県金沢市横川7丁目35-1 ルミエール横川402号tel.076-256-3073
就労継続支援A型事業所えがお工房 8クリーン
〒920-0043
石川県金沢市長田2丁目26-6tel.076-225-8889
就労継続支援B型事業所えがお工房 8ジョイ
〒924-0873
石川県白山市八日市町17-1 八日市ビル101号tel.076-274-1672

受付時間 9:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)