8ブログ

パソコン講座No.8「Excel:「フラッシュフィル」一つを二つに、二つを一つに!」

2018年3月2日

PC講座

ITインストラクタ Pooh の パソコン講座 No.7

こんにちは。

Excelで、例えば住所録を作った時に、一つのセルに入れていた氏名を、「姓」と「名」に切り分けたりする必要がでてくることがあります。

そんな時、以前だったらデータ区切りとか、文字列操作関数など駆使してやっていましたが、今は便利な機能があります。

たしか、Excel 2013からの新機能だったはずです。以前からExcel使っている方は意外と見落としているかもしれません。

「フラッシュフィル」一つを二つに、二つを一つに!

ユーザーが入力したデータに基づいて、Excelがパターンを検知し、自動でデータを入力してくれます

氏名を姓と名に切り分ける

B列には「氏名」が 姓+スペース+名 というという形式(「姓」と「名」の間に「(半角)スペース」1つが入る)で、入力されています。

この「氏名」を「姓」、「名」でそれぞれ1列ずつに切り分けます。

  1. 隣の列の先頭セルに切り分ける規則となるパターン、ここでは「姓」を入力します
    確定しアクティブセルを下のセルに移動します
    [データ]タブ-[フラッシュフィル]をクリックします
  2. 「姓」だけが切り出されます

以前だったら、[データ]-[区切り位置]を利用するか、[文字列操作関数]を利用していたことが、簡単にできてしまいますね。
もちろん万能ではありませんので、Excelがどんな風にパターン認識するかは、いろいろと試してみて下さい。

姓と名に分かれたデータを1つにまとめる

逆のパターン、B列に[姓]、C列に[名]、をD列に[氏名]としてまとめます。

  1. D列の先頭セルに「姓(B列の値)+スペース+名(C列の値)」というパターンで氏名を入力します
    [データ]タブ-[フラッシュフィル]をクリックします
  2. 結合できました

こちらは、以前だったら「&(アンバサンド)」あるいは[CONCATENATE]関数を利用していたパターンですね。

カテゴリ:

タグ:

お気軽にお問い合わせください。

就労移行支援事業所えがお工房 8たんと
〒921-8163
石川県金沢市横川7丁目35-1 ルミエール横川402号tel.076-256-3073
就労継続支援A型事業所えがお工房 8クリーン
〒920-0043
石川県金沢市長田2丁目26-6tel.076-225-8889
就労継続支援B型事業所えがお工房 8ジョイ
〒924-0873
石川県白山市八日市町17-1 八日市ビル101号tel.076-274-1672

受付時間 9:00 - 17:00 (土・日・祝日除く)